「日本一アイスを食べない」あの街が示す盲点

圧倒的に暑い常夏リゾート地がなぜ?

日本一アイスを食べない都市は、東京や大阪よりも平均気温が6~7℃高いあの街だった!
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような“世にも不思議なランキング”がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキングなんで?なんで?なんで?』(原則として月曜よる放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

梅雨明けの日本列島。今週末から8月に入り、日増しに暑くなるばかりだ。こんなときには冷たいモノ。アイスクリームを食べたくなる人は多いだろう。そんなアイスクリームにまつわる興味深いランキングがある。

■アイスクリーム・シャーベットの消費金額が多い都市
(2人以上の世帯当たり/年間) 
1位:宇都宮市―9394円
2位:川崎市―9381円
3位:福井市―9037円
・・
50位:神戸市―6428円
51位:那覇市―5935円
(出典:総務省統計局 家計調査 2012~2014年平均)

 

全国平均は1世帯当たり年間7904円で、ランキングは県庁所在地、政令指定都市の51市が対象だ。なんと驚くことに、南国・沖縄県那覇市が全国最下位なのである。

沖縄気象台のホームページ(HP)には、「沖縄本島地方の年平均気温は23℃前後。東京や大阪に比べると、年平均気温は6~7℃高くなっています」という記載がある。沖縄に一度でも行ったことがある人なら、身を持ってその暑さを知っているだろう。

文句なしに暑い沖縄で、なぜアイスが売れない?

そんな暑い沖縄にいたら、アイスクリームやシャーベットを食べたくなるのでは、というのが普段は東京にいる取材班の感想だ。思わず「なんで?」と声に出してしまうほど、一般的な印象とは正反対なランキング。真相を知るべく、取材班は沖縄へ飛んだ。

沖縄は……暑い!文句なしに暑い。取材班が訪れた日も気温は30℃を超す真夏日。こんなに暑ければ冷たいモノが欲しくなる。本当に沖縄でアイスは売れていないのだろうか。

まずはスーパーで、アイスがどのくらい売れているのか調べてみた。アイス売り場へ行ってみると、大量のアイスが置いてある。沖縄の銘菓「ちんすこう」にちなんだ「ちんすこうアイス」なる珍品も発見できた。そのほかにも本州にはない、オリジナルなアイスが数多く、値段も安い。

次ページかごに入れたアイスは、なんと90個!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。