シャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブが電子書籍配信の提携を解消

シャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブが電子書籍配信の提携を解消

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とシャープは9月27日、電子書籍配信事業での提携を解消すると発表した。シャープの電子書籍専用端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」向けに電子書籍を配信していた合弁会社・ツタヤガラパゴスの全株をシャープが引き取る。サービスはシャープが単独で継続する。
 
 CCCは、6月30日から、ツタヤガラパゴスとは別に独自の電子書籍配信サービス「TSUTAYA.com eBOOKs」を開始、アンドロイドなどの汎用端末向け配信サービスを強化するなど、両者の距離感が広がっていた。
 
(写真は2010年9月のガラパゴスの製品発表会 撮影:大澤 誠)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。