日経平均7日ぶり反落、決算見極めへ

米株安や円高進行で利益確定売り優勢に

 7月22日、東京株式市場で日経平均は7日ぶりの反落。下げ幅は一時260円超となった。直近で急ピッチな株高となっていたなか、米国株安やドル安/円高の進行を受け、利益確定売りが広がった。都内で1日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は7日ぶりの反落。下げ幅は一時260円超となった。直近で急ピッチな株高となっていたなか、米国株安やドル安/円高の進行を受け、利益確定売りが広がった。後場には日銀によるETF(上場投信)買い観測から、下げ幅を縮小する場面もあったが、日米企業の決算を見極めたいとの姿勢は強く、戻りは限定的だった。

日経平均は前日まで6連騰。年初来高値に接近する動きをみせていたが、6営業日中の上昇率は5.3%と急ピッチな株高となっていた。東京市場では序盤から輸出関連株を中心に売りが先行。決算を発表した米アップル<AAPL.O>が時間外取引で大幅に下落したことを嫌気し、村田製作所<6981.T>やTDK<6762.T>など関連銘柄が軟調に推移した。

「日本株に対する買い材料が乏しいなかで利益確定売りが広がった。黒田・日銀総裁のバンコクでの講演における発言を受け、ドル/円が弱含んだことも日本株の頭を押さえる形となった」(エース経済研究所社長の石飛益徳氏)という。

後場に日経平均は2万0600円台後半まで戻す動きをみせたが、大引けにかけて再び軟化した。電子部品株のほか、メガバンクの下げも目立つ。TOPIXとJPX日経400<.JPXNK400>は8日ぶりの反落となった。

個別銘柄では三井化学<4183.T>が年初来高値を更新。22日朝に発表した2015年4―9月期業績予想の上方修正を好感した。21日に自社株買いを発表した神戸物産<3038.T>は大幅高。半面、同日に4─6月期業績を発表した安川電機<6506.T>は小幅安となった。連結営業利益が前年同期比34.3%増の91億円と、堅調な内容を受け買いが先行したものの、その後は売りに押される形となった。

東証1部騰落数は、値上がり288銘柄に対し、値下がりが1517銘柄、変わらずが86銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20593.67 -248.30

寄り付き    20657.80

安値/高値   20576.19─20677.84

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1655.37 -18.51

寄り付き     1660.95

安値/高値    1654.05─1662.17

 

東証出来高(万株) 216132

東証売買代金(億円) 23689.14

 

(長田善行)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。