【産業天気図・証券業】相場低迷で売買代金も低調か

今06年度の天気は「曇り」。口座数の伸びは続いているが、昨年度後半のような伸びは勢いをなくしている。首位のイー・トレード証券<8701.ジャスダック>は、5月の月間売買代金が約6.6兆円と、10兆円を超えていた昨年12月、今年1月のような勢いがない。8月までの期間限定で手数料引き下げキャンペーンを行っているが、相場の低調も響き、売買代金の伸びにつながっていない。
 松井証券<8628.東証>は4月からの手数料引き下げの影響が大きい。5月の1日平均売買代金は1125億円と、今年2月の6割の水準にまで落ち込んでおり、相場低迷の直撃を受けている。手数料を変更していないマネックス証券(マネックス・ビーンズ・ホールディングス<8698.東証>傘下)、カブドットコム証券<8703.東証>も、1日平均約定件数が減少している。
 ただ、昨年度も前半は不調だったが、尻上がりに相場が活況を呈し、空前の好決算となった。相場次第では下期回復の可能性もありそうだ。
【山田徹也記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。