お買い物の経済心理学 何が買い手を動かすのか 徳田賢二著

お買い物の経済心理学 何が買い手を動かすのか 徳田賢二著

買い手と売り手が互いに恵み合う、値頃感の原点に立ち戻れば、日本は消費不況から抜け出せるのではないか、と著者は考える。

ブランド物付録付き女性誌は本体の値頃感を上げているかどうかの分析では、女性誌の場合、本体、付録のどちらが「おまけ」かわからないと見立てて、認知心理学的な問題と判断する。立派すぎるおまけは、ただで配る付録なのだから、明確な付加価値なしではいけない。おまけは「価値が明確であること」と「立派すぎないこと」が必要で、雑誌の価値を食ってしまうことは、結果として値頃感を下げてしまうと判定する。

経済学の知見を基に売り買いの原理を読み解き、賢い買い方へと消費者を案内する。

ちくま新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。