全国百貨店売上高が3カ月連続でプラス成長

6月は前年同月比0.4%増を記録

 7月21日、日本百貨店協会が発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.4%増の4879億円と、3カ月連続でプラスとなった。都内で昨年9月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.4%増の4879億円と、3カ月連続でプラスとなった。

6月は、シェアの高い東京、大阪が全体をけん引し、悪天候が続き休日も前年より少ないという悪条件を跳ね返して前年比プラスを維持した。商品別では、身の周り品や雑貨、家庭用品が前年比プラスとなる一方で、主力の衣料品がクリアランスセールの月ずれのため同7.7%減となった。

訪日外国人売上高は、中国の端午節(6月20日から6月22日)の連休による来日客増などから前年比4倍を超え、前年比伸び率は過去最高を更新した。

調査対象の百貨店は82社・238店舗。東京地区は前年比5.9%増で、3カ月連続プラスだった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。