美しい村に放射能が降った 菅野典雄著

美しい村に放射能が降った 菅野典雄著

福島第一原発事故の影響で、今なお全村が避難区域に指定されている福島県飯舘村。地震発生からの3カ月の苦難の日々の心境を、村長自らが吐露した。

原発の北東30~50キロメートル圏に位置する飯舘村は当初、その一部以外は避難区域に指定されていなかった。しかし、時間が経つにつれ放射能汚染が発覚。4月22日に全域が「計画的避難区域」の通告を受けることになる。苦渋の決断を迫られた人口6000ほどの村の村長は、美しい村と住民を守るため、何を思い、どう行動したのか。

「全村避難中も、村とともに生きる」との決意を胸に、2年で村に戻ることを前提にして、飯舘村再生の道筋を示す決意を語る。

ワニブックス【PLUS】新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。