おもちゃの王様が語る おもちゃの昭和史 佐藤安太著/牧野武文 構成 ~夢を実現し続けた男の濃密な「昭和自伝」

おもちゃの王様が語る おもちゃの昭和史 佐藤安太著/牧野武文 構成 ~夢を実現し続けた男の濃密な「昭和自伝」

評者 仲倉重郎 映画監督

本書は玩具の「タカラ」の創業者佐藤安太の評伝だが、その人生は単なる個人史ではなく「生きたおもちゃの昭和史」になっている。

佐藤は、1924年福島県沢渡村(現いわき市)に生まれた。勤労動員で郡山の工場にいたときに空襲に遭い負傷。入院中に終戦を迎え、退院すると上京し製紙会社に勤める。21歳だった。

やがて先輩に誘われて塩化ビニール加工の仕事を始める。型抜きしたビニールを空気で膨らませて人形を作るという単純な仕事だが、佐藤は天職だと直感する。新素材のビニールは、ゴムに比べて軽く耐久性があり、染色もしやすかったので、幼児向け以外のおもちゃの開発にも取り組んだ。そうして生まれた「ダッコちゃん」は、佐藤の人生とおもちゃの歴史を変えた。

最初は室内インテリアのつもりだった。だが、黒い顔に真っ赤な唇、眉毛は黄色というデザインが若い女性をひきつけた。彼女たちは腕に抱きつかせて街を歩いた。おもちゃをおしゃれアイテムとしたのだ。それが偶然テレビで放映されると、一挙にブームとなり、240万個を超える大ヒットになった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。