ゲームがあったからエンジニアになった

ありがとう!任天堂の岩田聡社長

「ゲームがなかったら、ぼく、パソコンを知るのはもっと後だったかも」

今40代のだんなくんは、昔はゲーム少年でした。小学校3年生くらいのときに、任天堂の「ファミリーコンピュータ」を買ってもらい、マリオブラザーズ、ロードランナー、スターフォースなど、いろいろなゲームに夢中になったそうです。

あるとき雑誌に、ゲームを作ったプログラマーを紹介するコーナーがあり、衝撃を受けました。プログラマーが、大きなパソコンに向かってキーボードをたたいている姿を見て、「こうやってゲームができているんだ、いつか僕もこんなゲームを作ってみたい」と思ったそうです。

そうして手にとったのが、ベーシックマガジン(ベーマガ)。そして中学生のときに、念願のパソコン「X1 TURBO ZⅡ」を買ってもらいました。

ゲーム少年が、いつしかパソコン少年になったわけです。こういう人はそれこそ何万人もいると思います。ゲームこそが多くのプログラマー、ソフトウエアエンジニアの原点なのです。それは今の10代、20代にとっても同じだと思います。

任天堂の岩田聡社長が55歳の若さで亡くなるという訃報に接して、多くの人が悲しんでいます。世界中の人が、すばらしいゲームを作ってくれたことに感謝しています。本当にありがとうございました!

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。