苦手意識を克服するキモは始めの一言にある

60日集中特訓!ビジネス英語術 第21回

英語での電話は緊張しますが、丁寧に話すことを心掛けましょう(Taka/PIXTA)

今週5日間は電話についての英語について勉強しましょう。電話は英会話の中でも一番難しいと言われています。メールと違ってその場でどんどん会話が進みますのでとにかく正確な英語で伝える必要があります。

そしてできれば正確なだけでなく、丁寧な表現で、顔の見えない相手に快く応対していただけるようにしたいですね。今日は電話をかけるときにまず必要な表現について学びましょう。

とりあえずの一言

Is this a good time for you to talk?
今、お時間よろしいでしょうか?

いきなり話し始めるのではなく、相手の都合も伺うのがビジネスのルールですね。ほかにもDo you have a minute now? Could I talk to you for a moment? でも言い表せます。

また、初めて電話をする相手にはきちんと確認することや、どういう理由で電話しているのかを知らせることも大事ですね。

Hello. My name is Yae Arai from JAL. I saw your advertisement for your new product, but is this the number for the sales department?
JALの荒井弥栄と申します。御社の新製品の広告を拝見してお電話させていただいておりますが、営業部はこちらの番号でしょうか。

I’d like to talk with the accounting department about an invoice.
経理部の方と請求書の件でお話ししたいのですが。

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。