LINEスタンプで稼ぎまくる「普通の」会社員

「エヅプトくん」生みの親のハイパー両立術

吉永氏が“ハイブリッドワーカー”になったきっかけとは?

『ゆかいなエヅプトくん』というキャラクターをご存じだろうか。

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

LINEスタンプのキャラクターとして生まれ、さまざまなメディアで取り上げられ商品化、今では高校生クイズ(日テレ)のポスターキャラクターになるほど人気となっている。

その『エヅプトくん』の生みの親である『ヨシナガ』こと吉永龍樹氏にインタビューし、“ハイブリッドワーカー”という「2つの顔」を持つ働き方をすることになったきっかけと、その今を聞いてきた。

クリエイター吉永龍樹の誕生秘話

学生時代にブログをはじめ、4年で1億ものアクセス数を獲得した。しかし当時、インターネットでの活躍は、就職活動では認められることがなかったという。

「普通の学生にならないと内定がでない」と気づき、面接ではブログの話を封印し、現在の会社に就職した。

2014年にLINEクリエイタースタンプのサービスがスタートし、スタンプ制作をしようとしたとき、ブログの読者から『エヅプトくん』のスタンプ化の要望があったという。

「10年も前にブログにあげた“落書きキャラクター”が、ウケるのだろうか」と思ったが、スタンプ化を果たすとともに大ヒットした。

次ページヒットの裏には「綿密な研究」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。