伝説の地下防空壕が「ハイテク農園」になった

地下33mの空間の利用は鮮度維持にも有利

都会で家畜の飼育や食物を栽培する『シティファーム』という言葉が最近話題になるが、イギリスのロンドンには、地下33メートルのトンネルに、野菜を栽培する農園があることをご存じだろうか?

Zero Carbon Food社が経営しているこの農園は、ロンドン市内のクラパムという街にある。1940年代初頭、第二次世界大戦時に地下防空壕として作られたもので、市民を8000人収容できるキャパシティを持つ広大なスペースだ。現在はもちろん使用されておらず、その空いた空間を利用して農園にしているのだ。

水の使用量が少なく済むハイテク農法


当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

 全長430mある2本のトンネル内には、ラディッシュ(ハツカダイコン)やマスタードリーフといった、サラダによく使われる野菜などを栽培する棚がずらりと並ぶ。農園というより、『地下の巨大実験室』といった雰囲気だ。 

農園内は野菜の生育に必要な光量を調整でき、かつエネルギー効率も高い最新のLED照明システムを採用。室温も、栽培に最適な16~20度に保たれている。

野菜を育てるには、当然ながら水分や養分も必要だが、これらを効率的に循環させるシステムも採用することにより、水の使用量は従来の農法に比べ、かなり少なくて済むという。

次ページ都会で栽培するメリットは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。