(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

 

HRプロ株式会社

前回より、HRプロと東洋経済HRオンラインが共同で実施した全国の4年制大学のキャリアセンター/就職部担当者を対象にしたアンケート調査を基に、大学における学生の就職支援状況を探っている。今回は、インターンシップの現状、今後の企業との連携内容などについて見てみたい。

●求人票でも規模の格差

企業と大学の関係を測る重要な指標が求人票である。求人票は大学の就職力を示している。下記のグラフを見れば一目瞭然だが、大学の規模によって大きな差がある。

「5001人以上」の大学の90%は1000社以上から求人票が届いており、数千社という大学がほとんどだ。ところが「1~1000人」の大学では、1000社以下が60%強であり、数十社、数百社という大学も珍しくない。もっとも30%の小規模大学は1000社以上の求人票を得ているから、小規模校の中でも大学ごとの差異は大きそうだ。

図表1:2012年度新卒就職の求人票の数

また求人票の増減を見ても、大規模校は「増えている」の比率が小規模校より高く、小規模校の多くは「減っている」と回答している。ここにも規模の格差がある。

図表2:求人票数の対前年比増減

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング