邦銀の格付けはますます政府債務格付けによる制約が強まる《ムーディーズの業界分析》


SVP−リージョナル・クレジット・オフィサー
鈴木陸生

ムーディーズは、日本国債の格下げに伴い、邦銀を支援する日本政府のサポート能力の評価を引き下げた。この評価の変更により、ムーディーズの格付け対象銀行の大半では1ノッチの格下げとなった。

一方、日本政府当局がシステム上重要と見られる銀行についてのムーディーズの見方、およびそうした銀行に対する政府からの支援の意思についての評価は変化しておらず、ムーディーズの格付け手法において引き続き、日本を「高位の支援」が提供される国であると見ている。

今回変更したのは、システム上重要な銀行に対する政府の支援能力についてのムーディーズの評価である。これは、ムーディーズが8月24日付で、日本国債の格付けをAa2からAa3に引き下げたことに示されている。

ムーディーズの最初の帰結は、銀行セクターへの日本政府の支援能力を、日本国債の格付けより1ノッチ高いAa2とすることである。

日本政府の支援能力についての見方の変更点の2つ目は、どの種類の銀行が、システミックサポート要因による格付け上乗せの対象となるかを区別するということである。これは、極度のストレス状況下では、当局は支援の配分においていっそう選択的になり、システム上最も重要な銀行を優先するバイアスがかかる、とのムーディーズの見方によるものである。

この考え方に基づき、システミックサポートに関するムーディーズのガイドラインでは、日本の「メガバンク」および協同組合組織の中央金融機関への格付けには最大3ノッチ、その他の「大手銀行」(地銀を含む)については最大2ノッチの上乗せを行うこととなった。それ以外の銀行については上乗せをなしとするか、あるいは最大1ノッチの上乗せを行うこととなった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
Dr.ストレッチ<br>伸びーる新業態

最近、街で見掛けるストレッチ専門店。中でもDr.ストレッチは首都圏、京阪神、福岡に展開、7年で100店超。60分6600円でもリピート率は高い。筋肉さながら伸びる業態に迫る。

  • 新刊
  • ランキング