GEが重視する“4つのE”を満たす人材は、やはり優秀なリーダーだと思います--織畠潤一 シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEO(第4回)

GEが重視する“4つのE”を満たす人材は、やはり優秀なリーダーだと思います--織畠潤一 シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEO(第4回)

--これまで多くの会社で働いてこられました。会社のカラーは全て違うと思いますが、経営のコツや共通点はありますか。

会社のカルチャーや事業が違っても、おさえるべき共通項はあります。「成長」、「人材の活性化」、「コンプライアンス」という3点を私は大切にしています。シーメンスに入ったときもまずこの3つは自己紹介とともに社員に伝えましたし、今後も繰り返し訴え続けていこうと思います。

また、どの企業でもグローバルでカルチャーやバリューが定義づけられていますが、それを自分の言葉で語りかけ、社内で共有させることもトップの重要な役割です。自社のバリューやカルチャーに基づいてベストな人材を採用し、彼らを伸ばすことも一体感を生み出す上で重要です。

ただし、人材は多様です。あくまでダイバーシティを前提に絆を求めるには、カルチャーとバリューが重要だということです。

もう1つ、なでしこジャパンを見ていても思いましたけど、スキルも大事ですが強い気持ちが重要ですよね。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、仕事を好きになって楽しもうということも常に言っています。

--部下のモチベーションを上げるにはどうしたらよいでしょうか。

例えばマッキンゼーのようなコンサルティング会社なら、やっていることの意義がわからない、クライアントに提言しても実現しない、実施するスピードが遅いなど、モチベーションがあがりにくい状況は往々にしてあります。事業会社も、会社の業績が上がらないとき、品質問題を抱えているとき、同じ問題を繰り返し起こすときなどは当然モチベーションが下がります。

特に外資系メーカーの宿命ともいえますが、高品質・高機能を求める日本市場を十分理解せず、例えば発展途上国向けと同じような品質のものを投入してクレームやリコールが生じてしまったときなどはモチベーションの維持が難しい。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?