ギリシャ、「チプラス新提案」の特徴とは?

何がどう変わったのか、中身をチェック

7月11日、ギリシャ国会におけるアレクシス・チプラス首相(REUTERS/Christian Hartmann)

[ロイター] - ギリシャのアレクシス・チプラス首相は9日木曜日、3年間の金融支援を引き換えとした新たな改革案を提案した。ギリシャに対する緊急援助策を4カ月間延長するために債権団が6月25日に提案した条件を拒否することで、ギリシャ国民が彼の背中を押した国民投票からわずか4日後、いったいどのような条件を出したのだろうか。

内容はほとんど同じ

チプラス首相の提案の多くは、実は、6月25日に提案された内容とほとんど同じだ。以下に重要な分野を選んで比較してみよう。

基礎的財政収支の黒字化目標
 
6月25日: 2015年、2016年、2017年、2018年にそれぞれ1、2、3、3.5%のプライマリーバランスの黒字化を実現。
7月9日: 同一内容。ただし、2018年の3.5%の黒字化への道筋は、各機関との協議の上で決定するとしている。
 
付加価値税
 
6月25日: レストランおよびホテルに23%の付加価値税を課税。
7月9日: レストランに対し23%、ホテルに13%の付加価値税を課税 (ホテルの税率は6月26日の欧州委員会の提案と同じ)。
 
島嶼部優遇策
 
6月25日: 島嶼部に対する税制優遇策を完全撤廃
7月9日: 島嶼部の税制優遇策の撤廃を「最遠隔地を除く、比較的所得が高い最も有名な観光地の島々から開始」。
 
年金
 
6月25日: 早期退職の縮小や、2022年までに年金支給開始年齢を67歳に引き上げる案などを含め、ほぼ同じ。ただし、低所得年金受給者向けの追加手当て (EKAS) の2019年末までの段階的廃止に関しては、7月9日の案では、EKAS受給者の上位20%向けの支給廃止を、即時ではなく2016年3月からとしている。来年からGDPの1%を節約するために、年金を削減。
7月9日: 同じ。
 
法人税
 
6月25日: 26%から28%に増税。
7月9日: 2016年に26%から28%に増税。
 
防衛費
 
6月25日: 人件費および調達費の削減を目標とする取り組みにより、軍事支出を最大4億ユーロ削減。
7月9日: 人件費および調達費を削減することで、2015年に最大1億ユーロ削減、2016年に最大2億ユーロ削減。
 
労働市場
 
6月25日: 団体交渉制度や労働争議制度を、ILOと共にヨーロッパの最優良事例に則して見直し。
7月9日: 同じ。
 
民営化
 
6月25日: 2015年、2016年、2017年にそれぞれ14億、37億、12億ユーロの資金を調達するために売却。国の民営化基金が保有する全資産を売却し、OTEテレコムの株式を基金に譲渡。
7月9日: 収益額の目標額に関する言及はなし。ただし、民営化基金の全資産は売却し、OTEテレコム株式を基金に譲渡。

(記者: Alexander Saeedy; 編集: Alastair Macdonald、Catherine Evans)

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。