年収3000万円、求む強烈なリーダーシップ--発毛クリニック「リーブ21」が次期社長を公募

年収3000万円、求む強烈なリーダーシップ--発毛クリニック「リーブ21」が次期社長を公募

発毛を専門に手掛けるリーブ21は、8月上旬に都内で会見を開き、創業者である岡村正勝・現社長(66)の後継者を、役員に特化した転職サイト「ビズリーチ」で公募すると発表した。年収3000万円以上、という報酬面の条件も明示している。

ただ、社長のヘッドハンティングを専門に手掛ける半蔵門パートナーズの大松尊社長は、「社長公募という方法はうまくいったケースがない」と指摘する。実際、社長公募を実施したユーシンは、今年秋ごろを予定していた次期社長への交代を「自動車業界への習熟が必要」と来年以降に先送りするなど、不透明さを増している。

リーブ21の岡村正勝社長に、社長公募の狙いを聞いた。

--今回、社長を公募する理由は何か。

リーブ21は創業35周年を迎えたが、実際に発毛クリニックとして営業を開始してからは18年、新卒の採用は13年目だ。社員は800人いるが、平均年齢は28歳。中途採用も若手中心で、今の社員の中から社長を選ぶには、経験や能力的に難しい。社長には全体の統率力、視野の広さといった器の大きさが必要だ。新しい社長の下、現在の社長中心の組織から、社長とマネジメントチームを中心とした組織に生まれ変わってもらいたい。

--ここに来て交代する理由は。

現在のリーブ21には、社長と平社員はいるが、経営幹部はいない、文鎮型の組織だ。経理以外の仕事はすべて私が処理しているが、私も60歳を過ぎ、体力的に限界を感じる。もう1つは、仕事だけの人生にとどまらず、自然の中で生きる第2の人生のスタートを切りたい。

--なぜ公募という手法で後継者を選ぶのか。

後継者不足の問題は認識していたが、特に後継者問題を意識するようになったのは、1~2年前からだ。ユーシンが後任社長を公募しているのを見たとき、さまざまな出会いがあり、大変よい取り組みだと思った。ビズリーチにお願いして、実務の仕切りを手配してもらった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。