いつでも簡単!「5センチの筒」が天気を予報

電池要らず、持ち運び可能な小型デバイス

今いる場所の天気予報を、瞬時にできると便利です(写真 : ばりろく / PIXTA)

筆者は出かける前に、必ずインターネットやケーブルテレビで天気予報を確認している。しかし、天気予報が示す地域はおおざっぱであるため、自分が住んでいる地域では予報が外れるということが少なくない。

しかも微妙な空模様の時など、自分がいる地域の天気は一体どうなのか、非常に気になって仕方がない時がある。かといって、大がかりな観測機を個人で購入することなどできないし、そもそも気象予報の知識もない。

イヤホンジャックに差し込むだけ!

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

ところが、わずか5センチほどの長さの小さな筒状のガジェットで、今いるところの天気が予想できるというものが登場した。

それが『Weather Point 2.0』というガジェットだ。あまりに使い勝手がよさそうなためか、クラウドファンディングの『Kickstarter』では余裕の資金調達を達成している。

画像を拡大
温度、湿度、紫外線、気圧を計測する

『Weather Point 2.0』は非常に小さなガジェットだ。これをスマートフォンのイヤホンジャックに差し込むだけで、今いる地点の天気に関する様々な情報を知らせてくれるというから驚く。

『Weather Point 2.0』の小さな筐体には温度、湿度、紫外線、気圧を計測するセンサーが組み込まれている。

あまりの小ささに、なくさないようにキーホルダーが付いている。小さいがアルミニウムやチタンによる筐体は、かなり丈夫にできているようだ。

次ページ電池も不要!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。