未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

東京電力福島第一原子力発電所における事故調査・検証委員会の委員長に就任した著者は、「危険学プロジェクト」を立ち上げている。危険のメカニズムの解明から始まり、危険と人間とのかかわりを考慮しながら、正しい対処の仕方までを科学的に探ろうとする試みである。

この考え方を今回の大地震とそれに伴う津波、原発事故に当てはめて検証したのが本書である。著者は、一連の出来事を「未曾有」「想定外」と表現することは、あいまいさの中に物事の本質を隠してしまうと指摘する。

なぜ関係者は原発が絶対安全だと言い続けたのか、なぜ人は堤防の外に家を建てたのかなどから、人間の弱さを含めた対策の必要性を訴える。

講談社現代新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。