東証

松本 大(マネックス証券代表取締役社長CEO) × うちだまさみ(フリーアナウンサー)
「投資はめちゃくちゃ楽しいこと!」

東京証券取引所

「一人ひとりがニッポン経済」をテーマに、2012年4月からスタートした東京証券取引所のプロジェクト「+YOU」。日本全国各地で開催している「+YOUニッポン応援全国キャラバン」や、特定のテーマや指標で銘柄を取り上げ、個人投資家の銘柄選びに役立てる「テーマ銘柄」など、投資の意義やその魅力に触れていただくさまざまな取り組みを行っており、全容は「+YOUサイト」(http://plusyou.tse.or.jp/)で紹介されています。そのプロジェクトの応援団に私、うちだまさみが連続インタビュー。プロジェクトに懸ける思い、投資の大切さなどについて話を伺いました。最後は、マネックス証券代表取締役社長CEOの松本大さんです。

うちだ 松本さんは、就職する時にいきなりソロモン・ブラザーズに入社して、ゴールドマン・サックスに転籍。そこで史上最年少のパートナーに就任という、まさに金融界のエリート路線を突き進んできたイメージが強いのですが、初めて投資に触れたのはいつですか。

松本 社会人になってからです。ソロモン・ブラザーズという、当時「キング・オブ・ウォールストリート」と称された投資銀行に入り、そこで債券や為替、デリバティブのトレーディングに従事しました。その後、ゴールドマン・サックスに移って、さまざまな金融トレーディングを経験し、ジョージ・ソロスのような大物投資家との付き合いもありましたが、なぜか株式投資の経験だけがありませんでした。

うちだ 個人的にも経験は無かったのですか。

松本 そうなんですよ。外資系金融機関に属していた頃は、仕事があまりにも忙しくて、個人の資産運用を考えている余裕がありませんでした。もらった給料は銀行の普通預金に預けたまま。ビジネスでは金融の表も裏も知り尽くしたつもりだったのに、個人のこととなると、まあこんなもんです。

うちだ 株式投資の経験が全くない松本さんが、インターネット証券会社を立ち上げたのだから、それも何となく不思議です。

マネックス証券
代表取締役社長CEO
松本 大

松本 90年代に入ってインターネットの情報環境が整い始めた時、いずれインターネットで情報を取りながら、株式や債券をパソコンの画面上でトレードするような時代が来ると確信しました。だから、当時所属していたゴールドマン・サックスに、個人向けのインターネット証券サービスを提供しようという提案を行いました。でも、残念ながら会社の回答は「ノー」。もともとリテールをやっている会社ではなかったこともありますが、ゴールドマン・サックスからは「そもそもお前は株式投資の経験がないじゃないか」と言われました。それに対しては、「株式の経験がない自分でも投資したくなるサービスを考えれば良い。自分こそ格好の想定顧客だ」と言ったのですが、やりとりは膠着状態。このままだとラチが開かないので、ゴールドマンを辞めて、マネックス証券を立ち上げたのです。

うちだ 松本さんにとって「投資」って何ですか。

松本 めちゃくちゃ、楽しいことです。たとえば世界中の株式や債券に分散投資したポートフォリオを持つとするじゃないですか。これは、世界の動きが分かる箱庭のようなものです。それこそ政治や経済、軍事、技術、天候など、ありとあらゆる世の中の動きが、ポートフォリオに組み入れられている株式や債券の値動きに反映されます。それが、もし自分の思うように動いていれば楽しいし、逆に思うように動かなかったとしても、それはそれで、どうしてなんだろうと考える楽しみがあります。

うちだ 経済はどんどんグローバル化していますが、お金ほどグローバルなものはありませんしね。

次ページ松本氏が考える「10人の子ども」投資方法とは
7/28(火)は仕事帰りにイベントへ!