前世紀末、ユーロは希望とともに誕生した

<動画>ギリシャ国民投票を前に振り替える

ナレーションは英語で本文が日本語訳です

二つの世界大戦を見た20世紀の終わり、ヨーロッパは新しい共通通貨、ユーロで幕を開けた。興奮と楽観の疾風の只中でのことだった。

しかし、7月5日の国民投票を目前に、可能性を持つギリシャの出口が渦巻き、多くの人々は疑問に思っている。いったいどこで道を間違ってしまったのだろうか。

1992年、オランダの町マーストリヒトで通貨統合が発足した。そして1998年に交換レートが定まった。

その後、「大きく前へ飛躍した」と、フランスの財務大臣のドミニク·ストロスカーンは言った。ストロスカーンは言った。「1998年の12月31日は歴史的な日になると私は本当に確信していました。ユーロが発足し、ヨーロッパ構築における素晴らしい前進が実現したのです」。

しかし、10年後、世界的な金融危機が直撃した。ギリシャは債務を支払うことができず、ヨーロッパのパートナーに助けを求めた 。そこには条件があった。そして、多くのデモ参加者は、緊縮財政に対する膨れ上がった怒りを声に出すために街頭に立った。

その後、フランス大統領のニコラス・サルコジは、ユーロが崩壊した場合の悲惨な結果を警告した。サルコジは言った。「もしユーロが消えたら、ヨーロッパに何が残るでしょうか。経済の中心が崩壊したら、ヨーロッパに何が残るでしょうか。何もありません」。

ユーロ圏の指導者たちは、2012年に二度目のギリシャ救済を行った。数年後、アテネは岐路に立っている。今週、IMFに16億ユーロの債務不履行し、銀行を閉め、現金引き出し制限を始めた。

現在、ギリシャの左派首相であるアレクシス・チプラスは、世界の債権者の厳しい救済条件を受け入れるか、ユーロ圏を去る最初の国となるリスク取るか、どちらに決めるかを国民に委ねている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。