EUで医療機器に!「時差ボケ」解消イヤホン

海外遠征続きのアスリートも使っている

仕事や旅行で海外に出ても、時差ボケで今ひとつ能力が出し切れなかったり、海外での観光スタートにエンジンがかからない、といったことで悩んでいる方もいるだろう。さまざまな時差ボケ解消法があるようだが、それらのなかに、イヤホンを使って時差ボケを治療するというValkee社の「Human Charger」という製品があった。

しかしイヤホンで時差ボケが解消できるの? といったうさんくささを感じた人もいるのではないだろうか。

ところがこの「Human Charger」が、その効果が認められてこの4月にEU指令92/43/EECにおけるEU医療機器CEマーキングを取得したのだ。すでに海外遠征を行うスポーツ選手達の間では使用実績もある。「Human Charger」とは、どんな仕組みで時差ボケを解消してくれるのだろうか。

イヤホンから発せられるのは「強い光」

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

「Human Charger」は、実は時差ボケ解消装置として生まれたわけではなく、もともとはフィンランド北部などの冬に暗い期間が長く続く地域での体調調整のために開発された光セラピー装置だった。

つまり、光治療によって体内時計を正常に保たせることが目的で開発されたのだが、この装置の実験や検査が行われているうちに、時差ボケ解消に役立つことがわかったのだ。

「Human Charger」は、胸ポケットに入るほど小さな本体にイヤホンが付属している物で、初期のiPodに似ている。普通に装着していれば、誰もが音楽を聞いていると思うだろう。

ところが「Human Charger」のイヤホンからは、音楽はいっさい流れない。実はこのイヤホンから出てくるのは、強い光なのだ。

次ページEU当局が認めた効果
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。