子連れ飛行機旅を超ラクにする「3つの確認」

あまり知られていない事前予約サービスも

飛行機を子どもとストレスなく楽しむためにできることは?(写真:Graphs/PIXT)

家族で旅行に行くのは楽しいけれど、子連れ旅行は飛行機が憂鬱……なんて思っていませんか?でも、ママが事前に賢く情報をチェックするだけで、子連れ旅行が一気に楽になることがあります。

そこで今日は、これまでに子連れで30ヶ国、68都市を旅したトラベルライターの筆者が、子連れ旅行時の飛行機移動をストレスなく楽しむための、あまり知られていないポイントをご紹介します。

あらかじめ予約しておきたいモノ

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

①早い者勝ちの「バシネット」

航空会社により規定は若干異なりますが、12キログラム以下、2歳以下の子どもと一緒に飛行機に乗るときには、ベビーバシネット(乳児用ベッド)を予約できます。

ベビーバシネットは最前列の席にしか取り付けられないため、機内で使える数が限られているので早い者勝ち。飛行機のチケットの予約と同時にバシネットの予約をしておきましょう!

予約できたら、1点、注意が必要。最前列は前の座席の下に荷物を置けないため、離着陸のときは足元に何も置けません。離陸の際には事前に必要なものはすべてカバンから取り出し、シートポッケットに入れておくようにしましょう。

②チャイルドミールと離乳食

チャイルドミールとは子ども向けの食事です。飛行機予約時にチャイルドミールも予約しましょう。離乳食は多めに飛行機に積んでいることもありますが、チャイルドミールの場合は手配するのに時間がかかるため、当日チェックインカウンターで言ってももらえないので要注意です。

次ページ空港に着いてから確認することは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。