不完全な時代 科学と感情の間で 坂村健著

不完全な時代 科学と感情の間で 坂村健著

閉塞感とはまさにフロンティアの喪失だ。しかし逆説的だが、変われない国だからこそ、日本の変われる余地は大きい。たとえば大陸法的ギャランティー(保証)志向から、英米法的ベストエフォート(最大限の努力)容認へと国の形を変えれば、大きな発達余裕が生まれる。

多様な関係者の最大限の努力の集合で実現されているのが現代のネットワーク社会。だからこそ、低コストで新規参入者による多様なイノベーションが可能となる。それには、問題が起きた時点の判断が慣習法になる英米法の最大限の努力型が適している。日本社会の変われなさも根本的には保証志向に由来する。

ユビキタス革命を起こした著者による日本への処方箋。

角川oneテーマ21 760円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。