日本人が子どもに「翔」の名をつけたがる理由

社長に「誠」が多いのは偶然ではなかった!

名前のナゾから隠れた歴史が見えてくる?
私たち一人ひとりが持っている名前には、意外な事実が隠されている。TBSテレビ『ナゾ解き!マイネーム』(7月3日よる9時放送)は、そんな名前のナゾを解き明かす番組だ。
名前はその時代を映す鏡。そこに隠れた歴史的な背景に迫ることもできる。取材班が直面した「名前のナゾ」の一端を紹介しよう。

 

日本で社長にいちばん多い名前……。みなさんはご存知だろうか?

東京商工リサーチが全国267万社のデータを基に発表した「日本の社長 名前ランキング」によると……第3位は「茂」。第2位は「博」。 

そして、第1位は「誠」だった。

なんと全国1万1267社の社長が「誠さん」だという。「どうして親は俺の名前を『誠』にしてくれなかったのか?」「もうすぐ生まれる息子や孫の名前を『誠』にしよう」と考える人も出てきそうだ……。

しかし、そもそもなぜ「誠」がこれほど社長に多いのか? 「誠」という名前には特別な何かがあるのだろうか? TBSテレビ『ナゾ解き!マイネーム』取材班は、この謎を徹底調査した。

そこで発見したのは、大正元年から現在まで100年を超えるデータを集計した「生まれ年別名前ランキング」。これは明治安田生命が保険加入者の名前を生年別に集計したものである。

次ページ名前のランキングから何が見える?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。