中国企業の「欧州名門爆買い」が苦戦するワケ

財力だけではブランドを征服できない

フェレッティの最高級ヨットである「Feretti Yachts 960」 (フェレッティのホームぺージより)

[サルニコ、イタリア/シンガポール、6月29日 (ロイター)] - 中国の工業複合企業「ウェイチャイグループ」は、2012年に資金繰りの悪化していたイタリアの高級ヨットメーカー、フェレッティの買収に飛びついた。この契約はベストな組み合わせのように見えた。

映画スターのソフィア・ローレンも愛した優雅なスピードボート「Riva」で知られるフェレッティは世界トップの大型モーターヨットのメーカーであり債務過多に苦しんでいた。ウェイチャイは増え続ける国内富裕層へ豪勢なレジャーを提供するチャンスと考えた。

世界第3位に転落したフェレッティは今も赤字

こうした楽しみ方が似合う海が中国周辺にあるわけではない(フェレッティのホームぺージより)

3年がたち、裕福な中国人はまだヨットで楽しく過ごす魅力を完全には受け入れておらず、また業界の出版社である「Boat International」の年次注文控元帳によるとメガヨット造船企業で世界第3位に転落したフェレッティは今も赤字を生み出し続けている。

「高級ヨットの市場はそれほど大きくなく、勢いもそんなにありません」と香港のフェレッティのセールスマネージャー、ファビオマッシモ・ディスコーリは話した。そしてアジア人、特に中国本土のオーナーの好みに合わせてヨットを改造する必要があることを会社は理解していると付け加えた。

次ページ中国の富裕層はヨットの上では寝ない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。