成長へ舵切るブラザー、試される“新事業創出力”

新しい5カ年計画を始動

成長へ舵切るブラザー工業、試される新事業創出力

「成長への再挑戦」--。プリンタや複合機などの情報機器メーカーとして知られるブラザー工業は、この4月から新しい5カ年計画をスタートさせた。

“再挑戦”と銘打たれているのは、一度は挫折したから。2003年に立てた長期計画では13年3月期に「売り上げ1兆円、営業利益1000億円」の達成を目指していたが、08年秋以降の世界的な景気後退が欧米販売比率の高い収益構造(11年3月期で56%)を痛打。1兆円は、はるかかなたにかすんでしまった。

そのため、1兆円達成のワンステップとして、「まずは5年後に7500億円を目指す」(小池利和社長)というのが新しい5カ年計画だ。

「成長への再挑戦」は実現できるのか。その戦略の中身と課題について見ていこう。

主力の情報機器市場はライバルがひしめく

成長目標をセグメントごとに切り分けるとグラフのようになる。このうち、最も課題が多いのが、最大事業の情報機器(プリンティング&ソリューションズ、P&S事業)かもしれない。

計画では、P&S事業を4割近く伸ばすことになっている。実現のカギは、欧米先進国のSOHO市場に強いブラザーの複合機を新興国でも売り込んでいくことだ。「欧米で行ったのと同様、お客さんの声をよく聴いてそれを素早く開発に生かしていく。価格競争オンリーになるときついが、幅広いラインナップを武器にしていく」(小池社長)。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。