「胡錦濤派」vs.「鉄道省」 中国新幹線事故の裏に権力闘争

7月23日に中国・温州で発生した高速鉄道の衝突事故。鉄道省の発表では死者30人台だが、乗客数と比べると少ない。原因は「落雷」で天災としていたが、現段階では「信号設備に重大な欠陥があり、落雷で故障して誤作動を起こしたため」と、人災も認めつつある。

中国政府の情報統制や隠蔽体質は相変わらず。が、「胡錦濤政権の対応がいつもと違う」と、北京在住のテレビ記者は打ち明ける。メディアを管理する中央宣伝部から「独自報道を控えよ」といった指示は来ているものの、「その対応はいつもより緩く、ネットへの統制も厳しくない」。

実際に発生現場の地元・浙江省のテレビ局は、通常番組を中断し緊急特番を開始。鉄道省の記者会見では、報道官の対応にいらだつ記者たちの様子がそのまま流された。“鉄道省憎し”という国民の感情を背に、メディアの報道も普段より自由さを感じる。

この裏には、「胡錦濤派と鉄道省との対立がある。今回の事件を利用して、鉄道省を弱体化させようという意図が見え隠れする」と、アジア経済研究所の佐々木智弘・研究員(上海在住)は指摘する。

伏線はあった。2011年2月に、劉志軍・鉄道相(当時)が突然解任。理由は「重大な規律違反」で、具体的には「愛人18人、収賄127億円」と伝えられた。しかし当初から「汚職だけが解任の理由ではない」という声も多かった。

それは、劉氏は江沢民・前総書記が抜擢し、高速鉄道計画を主導してきた人物だから。「江沢民派を排除し、莫大な利権を握る鉄道省を、現政権が掌握するための布石だった」(佐々木氏)。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。