ギリシャ、銀行の休業と資本規制導入を発表

国民投票は予定通り7月5日に実施へ

 6月28日、ギリシャのチプラス首相(写真)は国内銀行の休業と資本規制導入を発表した。チプラス首相は、欧州諸国と欧州中央銀行(ECB)が、ギリシャが意に反する行動をせざるを得ない状況に追い込んだと非難した上で、国民投票を予定通り7月5日に実施すると表明した(2015年 ロイター/Pool TPX IMAGES OF THE DAY )

[アテネ 28日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は28日、国内銀行の休業と資本規制導入を発表した。チプラス首相は、欧州諸国と欧州中央銀行(ECB)が、ギリシャが意に反する行動をせざるを得ない状況に追い込んだと非難した上で、国民投票を予定通り7月5日に実施すると表明した。

首相は国民向けのテレビ演説で「ギリシャ政府による支援延長要請の拒否は欧州のこれまでの基準では前例がない行為で、主権を有する国民が決定する権利に疑問を投げかけている」と批判。「この決定により、ECBはギリシャの国内銀行への流動性を制限することになり、ギリシャ中央銀行は国内銀行の休業と預金引き出し制限導入を余儀なくされた」と主張した。

国内銀行の休業と資本規制がどの程度の期間実施されるかは明らかにしなかった。

首相はまた、6月末に切れる金融支援を延長するようユーロ圏首脳、ECB、欧州委員会、欧州連合(EU)議会、および欧州理事会に改めて要請したことを明らかにした。

その上で「民主主義の根本的な要求に対する早急な回答を待っている」と述べた。銀行預金と賃金や年金の支払いは引き続き保障されるとし、国民に平静を保つよう求めた。

欧州中央銀行は28日、ギリシャの銀行に対する緊急流動性支援(ELA)を現行の水準に据え置くと発表した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。