「あのファミレス」のピザに超絶ガッカリ!

「相場は梅雨入り」と思ったら、底堅い日本株

「ピザの王道銘柄」マルゲリータ。内田氏は久しぶりに行きつけのファミレスでピザを注文。写真のようなイメージだったはずだが、実物を見て思わず目が点に(写真:Kappaの旦那 / PIXTA(ピクスタ)
日本株は、ギリシャ問題の進展期待や成長戦略を好感、6月24日には2000年のITバブル時の高値2万0833円を上回った。さてその直前の6月8日~20日にカリスマ投資家の内田衛氏は何をしていたのか?優待目的の持ち株はジワジワと年初来高値を更新。充実した日々を送っていたが、久しぶりに訪れたファミレスでマルゲリータを注文、目が点に。思わぬところで「アベノミクスの副作用」を実感したのだった。

【6月8日(月)】1~3月の実質GDP改定値は、年率3.9%成長に上方修正。4月経常収支は1兆3264億円の黒字。黒字は10ヵ月連続だそうだ。日経平均株価は、3円安の2万417円と小幅続落。関東甲信越地方も平年より3日遅い梅雨入り。いよいよ日本株式市場も梅雨入りか?

【6月9日(火)】NYダウは、82ドル安の1万7766ドルと3日続落で、2ヵ月ぶり安値。リソー教育(4714)を308円で1万株買う。リソー教育はもうこれ以上買わない予定だったが、「東芝(6502)の売買で出た利益のうちなら」と、自分を勝手に説得させて買い増し。リソー教育の終値は、2円安の307円。日経平均は、360円安の2万0096円と3日続落で大幅下落。4月30日の538円安以来の大幅安に。

吉野家が年初来高値!やっぱり「ベジ牛」のおかげ?

【6月10日(水)】午前3時、日経225先物は、70円高の2万0120円。NYダウは、2ドル安の1万7764ドルと続落。埼玉地盤、全国で多機能型介護施設運営のユニマットそよ風(9707)を897円で100株買う。平均買値1000円で200株保有しており、100円下がったのでナンピン買い。優待目的保有のマルハニチロ(1333)が10時3分、60円高の1968円の年初来高値更新。直近高値は、5月26日に付けた1959円だが、終値では46円高の1954円と高値を維持出来ず。日経平均は、49円安の2万0046円と4日続落で下げ止まらず。梅雨入り確定か?

【6月11日(木)】NYダウは、236ドル高(1.3%)の1万8000ドルと大幅高。ギリシャの金融支援問題の進展期待や原油高が支援材料となったようだ。ユニマットそよ風を899円で100株買う。

優待保有銘柄の吉野家ホールディングス(9861)が、17円高の1457円となり5月25日に付けた1449円の年初来高値を更新した。昨日の日経朝刊には、牛肉価格が値下がりしているという記事があったが、これを好感した買いが入ったのかも知れないな。新メニューの「ベジ牛」が好調なのかな?また「ベジ丼」ってよく考えたら、吉野家で肉が入っていない野菜だけのメニューって画期的かも。日経平均は、336円高の2万0382円と大幅高。

次ページあのファミレス店に行って、目が点に!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。