東京製綱、強気投資の勝算、太陽電池向けワイヤで急成長 

東京製綱、強気投資の勝算、太陽電池向けワイヤで急成長 

中国での生産は倍倍増、マレーシアでは昨年の工場立ち上げ後すぐに第2工場建設を決定。国内でも和歌山を4割増。2008年度比で今期4・8倍、年度末には6倍以上。まさに需要が爆発しているのが太陽電池のシリコンインゴットを切る際に使うソーワイヤ。その国内トップメーカーが東京製綱である。

創業1887(明治20)年。渋沢栄一も会長に就いた老舗ロープメーカーが元気なのは、ソーワイヤを含むスチールコード事業が成長しているためだ。元来はクレーンなどに使うワイヤロープ(鋼索)に強く、橋梁用や落石防止柵など公共関連も多かった。スチールコードもタイヤコードが中心だったが、ソーワイヤの躍進で、同事業の営業利益は前期16億円から今期26億円まで膨らむ見込み。まさに収益柱に育っている。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。