子の成長が「平均値割れ」でも悩まなくていい

長い人生の中で、今の"できない"は重要か

(写真 : teresa / PIXTA)

「這えば立て立てば歩めの親心」という、ことわざをご存じですか? 言葉どおり、親は子どもの一日でも早い成長を待ち望むものです。

でも、子どもが成長をするにつれて、平均値を気にするあまりほかの子どもと比較してばかりいると、せっかくの可愛い幼少時代の子育てを楽しめなくなってしまいます。

「今の悩み」はちっぽけなことかもしれない

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

そこで今日は、『ひとりでできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が「平均値を気にする呪縛から解き放たれる考え方」についてお話します。

今、子どもができない行動で悩んでいることはなんですか? ちょっと考えを変えて、少し先の未来を想像してみてみましょう。

・乳歯が生えてこない …… 成人になって歯が生えていない人はほぼいない
・離乳食を食べてくれない …… 4歳になれば止めても煎餅をボリボリ食べる
・体重が増えない …… そのうち太りすぎを気にする乙女になる
・喋らない …… 喋ることができない5歳児は滅多にいない
・文字が書けない …… 文字が書けない小学生はほとんどいない

 

こんな風に少し先の未来を想像して考えると、今の悩みは「些細でちっぽけな悩み」に思えてきませんか? 「どんぐりの背比べ」「目くそ鼻くそ」のことわざ通り、ママ友の子どもと比べて歩き始めが遅い早い、オムツが2歳で取れた、3歳で取れたなんか、長い人生から考えるとわずかな違いです。

次ページ放っておいて「育たない」部分もある
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。