住民による懸命の復旧努力で明かりが灯り始めた被災地、将来を見据えた住宅政策が課題に

住民による懸命の復旧努力で明かりが灯り始めた被災地、将来を見据えた住宅政策が課題に

津波の被害が大きい東日本大震災の被災地では、自宅の2階で暮らしながら、震災直後から復旧に取り組んできた住民も少なくない。そうした彼らの努力が呼び水となり、被害を受けた地域でも住民が戻ってきつつある。

宮城県東松島市牛網地区--。JR仙石線の陸前小野駅の北側にある、津波の被害を受けた住宅地でも、あちこちの民家に明かりが灯るようになってきた。町内に散乱していたがれきの多くが撤去され、コンビニエンスストアも営業を始めている。


より大きな地図で 東日本大震災 を表示

牛網地区で、真っ先に復旧作業に取りかかったのが、藤井滋さん(73)だった。

震災直後、大人の背丈ほどの津波が押し寄せてきた藤井さん宅では、1階の押し入れ中段まで海水につかり、家の中が泥だらけになった。震災4日後、水が引いたのを見計らって避難先から戻ってきてみると、家の周りにはどこからともなく流れ着いた冷蔵庫や木材、ビニールシートやタイヤなどが散乱していた。
 
 だが、「家を失った人と比べたら運がよかった」と気を取り直した藤井さんは、すぐさま片付けを開始。妻とともにおよそ50日かけて、1階で生活できる状態にまでこぎ着けた。



■「押し入れの中段まで海水につかった」と話す藤井さん


■藤井さんは家庭菜園も元通りにした


 もちろん、復旧作業は過酷を極めた。当初は電気も水道も復旧しておらず、食料にも事欠く中でのスタートだった。近所の農家からのおにぎりの差し入れで空腹をしのいだ。

尋常でなかったのはヘドロの量だった。「5センチメートルの厚さで廊下やトイレ、台所をびっしりと覆っていた」(藤井さん)。ヘドロは柱と壁のすき間にも入り込み、ぞうきんでいくら拭いても浮き出てきた。「乾燥すると微粒子となって家の中を飛散するため、マスクが手放せなかった」と藤井さんは語る。作業を終えてみると、ヘドロの量は2トン車で1台半分もあったという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。