マスターカード

信頼の「暮らし」ブランドのマーケティング力

オレンジページくらし予報

創刊30周年を迎えた生活情報誌『オレンジページ』は、暮らしに寄り添った誌面作りで、読者から「信頼」と「安心」の評価を得てきた。同誌を発行する株式会社オレンジページは、そのブランド力を活かし、新たに読者と企業をつなぐ共創コミュニティ「オレンジページサロンWEB by くらし予報」を今年3月に開設。読者に、企業やブランドに直接つながり、対話することを通じて価値を共創する機会を提供する。企業側には、「実態のある生活者」の「本音」が集まる場を、リサーチ、販促や商品開発などのマーケティングプラットフォームとして活用してもらう。

オレンジページ
常務取締役
姜明子

オレンジページサロンWEBはブランド力、信頼感をベースにした調査・マーケティングを自社活用のみならず、広告クライアントにそのサービスを提供する目的で誕生した。さまざまなテーマについてご意見や写真などを投稿してもらうトーク、オレンジページからの情報発信ブログやつぶやき、アンケートなどでサイトを構成。会員には、その参加に応じて、プレゼントキャンペーンなどに利用できる「オレンジ」(ポイント)などが付与される。

出版業界では、紙の雑誌の販売部数は減少を続ける一方、電子書籍の市場規模は拡大するなど大きな変化にさらされている。オレンジページ常務取締役の姜明子氏は「『雑誌広告』というビジネスモデルのステージアップとして、出版社のノウハウやスキルを活用したマーケティング支援サービスを、より多くの企業に提供したい」と、多くの法人顧客を持つマスターカード法人カードとの協業に期待する。

法人カード利用企業は「オレンジページサロンWEB by くらし予報」を20%オフで利用可能だ。