マスターカード

経費精算システム導入で本来の業務に集中を

イージーソフト「eKeihi」

総合的な旅費・経費精算システムの先駆けとなった「eKeihi」の開発、販売を手掛けてきたイージーソフト。15年にわたる開発の中で、国内外出張や交際費などの経費精算申請の電子化、住所変更をはじめとした社内諸手続書類のワークフロー化、経費仕訳の自動化、FB(ファームバンキング)のデータ作成、さらには電子帳簿保存法への対応などを実現、間接業務の省力化を望む顧客企業の支持を集め続けてきた。導入実績は、従業員20人規模の中小企業から8000人の大企業まで1300社以上で、ユーザー数は約37万に達する。

イージーソフト
第2ソリューション部
営業チーム
加藤雅浩

イージーソフト第2ソリューション部営業チームの加藤雅浩氏は「企業では経費精算業務の見直しが進んでおり、紙や表計算ソフトを使った精算処理をシステム化する事で業務負荷を減らし、本来業務に集中する体制整備が本格化しています。コーポレートカード導入による利用実績データ取込の要望や、キャッシュレス化の流れもあり、経費精算システム『eKeihi』の導入を検討する企業からの問い合わせは増えています」と手応えを感じている。

同社では、初期費用10万円オフキャンペーンを展開。経費精算システム「eKeihi」の導入加速を促している。