マスターカード

ビジネスパーソンに支持される知的空間

アカデミーヒルズ

森ビルが運営するアカデミーヒルズは、「文化都心」をコンセプトとする六本木ヒルズ最上階の森アーツセンターに位置し、世界中の優れた人・技術・資金・情報を集積、「創造」「交流」「発信」を可能にする場の提供を目指している。

森ビル
アカデミーヒルズ
ライブラリー事務局課長
熊田ふみ子

六本木ヒルズには、ビジネスの第一線で活躍する人々を対象にしたプロフェッショナルスクールをはじめ、都市生活者向けの講座を開催する「アカデミーヒルズスクール」を設置。六本木と虎ノ門ヒルズには、国際シンポジウムなどを開催できるカンファレンス施設がある。さらに、メンバーのナレッジワークを支える豊かな空間を提供する会員制ライブラリーを六本木ヒルズ、赤坂アークヒルズ、平河町森タワーに展開。

利用者として、首都圏で活躍する知識欲旺盛な30~40代の若手ビジネスパーソンを中心に、オーナー経営者、コンサルタント、公認会計士や弁護士などのプロフェッショナルたちを集めている。

森ビルアカデミーヒルズライブラリー事務局課長、熊田ふみ子氏は「基本的には、BtoCがメインの事業でしたが、マスターカード法人カードとの提携により、これまでリーチできなかったビジネスパーソンへの浸透拡大を期待しています」と話す。そこで、同法人カードでアカデミーヒルズスクールのセミナー受講料を支払うと、平河町ライブラリーの1日利用権をプレゼントする優待サービスを用意。

同カードユーザーに対して、知性と教養を磨き、知的感度の高い人々とのアクティビティやネットワークを築くための多彩な「場」としての機能をアピールする。