サービス強化で価格競争を回避へ--コニカミノルタホールディングス社長・松﨑正年

サービス強化で価格競争を回避へ--コニカミノルタホールディングス社長・松�正年

新興国はカラー機もモノクロ機も伸びている。しかし、主要先進国では、複合機など事務機のマーケットは縮小傾向にある。台数、金額ともに、高い成長率が望めない。背景には、顧客企業が印刷関連のコスト意識を高めていることがある。

拡大しないパイを価格競争で奪い合っているだけでは、収益性がよかった事務機事業も悪くなる一方だ。そこで、新中計では情報機器の「カラージャンルトップ」戦略を掲げた。得意分野での製品拡充をベースに、プロダクションプリント(商業印刷機)におけるミッドレンジ(中価格帯)製品の投入や、新興国での展開を加速していく。

また、顧客ニーズが変化しているのに、これまでと同じようにプロダクトアウト的なビジネスを展開していたのでは価格競争に巻き込まれてしまう。そこで、サービス事業を強化し、あまり取り組んでこなかった、グローバル企業へのアプローチも積極化する。

このサービス事業では、ゼロックスが先行しているとは思っていない。こういったライバル企業が展開しているものと、コニカミノルタのサービスとは違うものだ。顧客も直接的にバッティングしていない。

人事は“形式”を意識しない

新中計で「規模拡大」を打ち出したが、これは大幅にシェアを伸ばす、という意味で言っているのではない。規模は、あくまで利益の規模だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。