規模を狙うコニカミノルタ、大胆な「戦略転換」の真意

規模を狙うコニカミノルタ、大胆な「戦略転換」の真意

事務機大手のコニカミノルタホールディングス(以下コニカミノルタ)。経営姿勢を一言で表現すると「華よりも実を取る」だ。

2003年に旧コニカと旧ミノルタが統合。07年には、当時のグループ従業員約1割に当たる3700人の削減に着手し、それぞれの祖業であるカメラ事業から撤退した。

主力事業を見ても、トップシェア製品はない。複合機はA3型のカラー機で世界シェア約20%と2位、液晶テレビ用のタックフィルムも同30%で2位、そして商業印刷機も同約40%で、これまた2位だ。無理に価格競争を仕掛けず、成長が見込めて採算を確保できる分野で、確実に稼いできた。

事務機業界の構造変化 今後は「知恵」の勝負

だが、今年5月12日。新中期経営計画の説明会で、同社の松崎正年社長はこう切り出した。「成長に向けて、規模の拡大に挑戦する」。

複合機ではカラー分野でのトップシェアを目指す。商業印刷機でも品ぞろえの拡充で首位を狙う。これらの「ジャンルトップ」戦略をテコに、新中計の最終年度である13年度に売上高1兆円(10年度実績7779億円)、営業利益率8%(同5・1%)に引き上げる。規模拡大を明確に打ち出した裏には、どのような真意があるのだろうか。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トランプの窮地<br>翻弄される日本

米トランプ大統領がロシア疑惑で窮地に。失地回復のために矛先はどこに向かう。日本との貿易交渉で強硬な要求をする可能性が出てきた。標的になるのは自動車、医薬品、農業か?