プロゴルフは、高額賞金を引き下げるべきだ

豪華ではない大会でもファンが集まる理由

日本プロゴルフ グランド・ゴールド選手権という大会があった。あまり聞き慣れない大会だけれど、れっきとした公式戦だ。位置づけとしては、日本プロ、日本プロシニアに続いて、60歳以上の選手によるグランド、そして68歳以上の選手によるゴールドの大会なのである。

実は、この大会は3年前から株式会社ゴルフパートナーをスポンサーにつけて、ギャラリーは入場料無料、食事券付きで実施した。大会は2日間。ちょうど男子レギュラーツアーは、茨城の宍戸ヒルズで日本ツアー選手権。女子ツアーは、新潟でヨネックスレディスが同時開催されていた。

注目選手がいなくても大人気

この大会の最終日(2日目・土曜日)のギャラリー数が、6093名。1日目が2801名で合計8894名が来場した。その2日目を比較すると、男子の日本ツアー選手権が、4956名。女子が、4859名だった。

もちろん、男子は3日目だし女子は2日目だから、単純な比較はできないけれど、それにしても、と思うのだ。このグランド・ゴールドの大会には、注目選手はいない。青木功、中嶋常幸が出場しているわけでもないし、50歳代のシニアも出場していないから尾崎直道や井戸木鴻樹もいない。にもかかわらずこれだけのギャラリーを集めてしまうのはなぜだろう。無料で食事券付き、という理由も確かに大きいが、それだけだろうか。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
納得のいく死に方<br>医者との付き合い方

人はいずれ老い、死に至る。がん検診に煩わされ、病院に通い、薬・手術に悩む。いつ、どこで、どのように死を迎えるのか。理想の最期を考えるために、日本人の「死に際」に迫る。

  • 新刊
  • ランキング