スマホ全盛時代!「刺さる」メディアの作り方

【お知らせ】東洋経済メディア・セッション、7月8日開催

私たちが情報を摂取する「仕掛け」が大変動を続けています。パソコンが全盛期だったのは、もう数年前の話。いまや手の平に収まる高性能コンピュータ「スマートフォン」を無視しては、未来への展望は開けません。

 デジタルデバイスが隆盛をきわめる今の状況は、既存のマスメディアにとって、自社の収益源を脅かす強烈な逆風にみえるかもしれません。しかし、難しい風であっても、帆をうまく張れば推進力に換えることができます。逆風であってもヨットが前進できるのと同じことです。

 強烈な風がふきすさぶ中で、既存のマスメディアは何をするべきなのか。そして、何をしてはいけないのか。東洋経済新報社では、メディア業界を待ち受ける”明るい未来”について考えるイベントを開催します。

メディア運営・動画分野、注目のプレーヤーが勢揃い!

既存メディアにおいても、スマホを度外視して戦略を練っている企業は少ないことでしょう。しかし、コンテンツの作り方、見せ方は依然として旧来の方法に縛られている傾向にあります。作り手自身もスマホ時代に生き、日々スマホを使っているにもかかわらず、です。

今回、東洋経済ではこの課題に着目し、2つのパネルディスカッションを展開します。「刺さるコンテンツメディアの作り方」では、コンテンツそのものの作り方と、それを支えるプラットフォームやメディアの収益化という視点から、スマホ時代に読者に「刺さる」メディア像について考えます。「テレビはスマホとどう付き合っていくか」では、YouTubeなどの動画サイトが席巻する中で模索が続くテレビ業界の新たな試みや、スマホにおける動画視聴の動向について徹底討論します。

また、特別講演ではGunosy 代表取締役社長の福島 良典氏に、Gunosyの戦略とあわせて今後のメディア業界の展望についてご講演いただきます。

メディア業界にお勤めの皆様だけでなく、メディア業界に関心をお持ちの皆様のご参加を心よりお待ちしております。お申し込みはこちらから。

第2回東洋経済メディア・セッション
「スマホ時代のメディアづくり ノンストップの熱すぎる120分」


■日時: 2015年7月8日(水) 19:00~21:00(開場18:30)

■登壇者(パネリストなど):
福島 良典氏(Gunosy 代表取締役社長)、今田 素子氏(インフォバーン 代表取締役CEO)、菅原 聡氏(日本ビジネスプレス 代表取締役社長)、藤田 誠氏(ターゲッティング 代表取締役)、安藤 聖泰氏(HAROiD 代表取締役社長)、小川 徹氏(NHKデジタルセンター 副部長)、野村 和生氏(フジテレビオンデマンド 事業執行責任者)、山田俊浩(東洋経済オンライン編集長)

■場所: コングレスクエア日本橋

■参加費: 3000円(事前登録制)

■特典: Google社の人事トップが書いた『WORK RULES!』電子版をプレゼント
★Google社の新しい「働き方」のしくみについて世界で初めて著した本です。7月30日発売予定の当書籍を、本イベント来場者限定で全ページ先行公開いたします!

■主催: 東洋経済新報社

■詳細: http://toyokeizai150708.peatix.com

 

Topic Board トピックボード
Trend Library トレンドライブラリー
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。