出世するなら会社法 佐藤孝幸著

出世するなら会社法 佐藤孝幸著

会社法は、経営者と株主を中心とした会社を取り巻く関係者の利害調整に関するルールを定めたもの。

会社法を直接利用する必要がある経営者、企業家、株主、投資家、従業員(使用人)、債権者はもちろん、これから企業に就職するに当たり株式会社の仕組みを知りたい学生などにも向けられた、会社法の入門書となっている。

日本の経営者の報酬は、なぜ米国の10分の1なのか。リーマンショック以降、上場会社は相次いで新株発行に走ったが、それはなぜか。破綻した大企業を税金で救うのは是か否か、などをわかりやすく解説。ライブドア事件やブルドックソース事件の概要を、会社法の観点から分析しているのも興味深い。

光文社新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。