グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学 吉田文和著

グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学 吉田文和著

持続可能性と人々のよい生き方をキーワードにして、経済の原義である「経世済民」に立ち返り、かつ「制約なくして革新なし」の立場から、グリーン・エコノミーのあり方、課題と展望を論じる。

「エコ税制改革」が有効と提言。地球温暖化対策を進めながら、社会保障制度の改革を行うために、地球温暖化対策税(炭素税)の本格導入を提唱する。それにより、省エネルギーと節電を促進し、CO2を減らすと同時に、その税収で社会保障税や年金保険料(雇用者負担)を減額。また、ゴミ有料化など「バッズ課税」によるゴミ削減で、焼却炉の建て替えなどを減らし、その分の予算を社会保障に充てるなど、きめ細かい税制改革メニューに踏み込む。

中公新書 882円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。