「新冷戦」を描いているが、内容はやや浅薄

「コールダー・ウォー」に描かれていること

独自のプーチン観で「新冷戦」と位置づけ

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

最近の国際情勢はまるで歴史が逆戻りしている感さえある。ロシアのクリミア統合、ウクライナや周辺国への干渉、中国の軍事力強化と南沙諸島や尖閣諸島での挑発行為など、まるで冷戦時代の再現と錯覚させるものがある。

本書も、そうした議論に沿った内容である。米国の衰退をベースにロシアと中国が新たな覇権を求めて、米国に挑戦している構図を描いている。まず本書の焦点はロシアのプーチン大統領に当てられている。

本書のプーチン論は興味深い。「米国系メディアが描くプーチンは極悪人である。しかしそのようなプーチン像をそのまま信じては危険である。彼が非情な政治家であることは事実であるが、そうならざるを得ないところもある」と、プーチン大統領を現実的なプラグマチストと評価している。だが米国政府は「プーチンは地政学について、一方が勝利すればもう一方が敗北するというゼロサム・ゲームと受け止めている」(クリントン前国務長官)と、まったく違ったプーチン観を持っている。

本書は、エネルギーを支配し、それを通して準備通貨としての基軸通貨ドルに挑戦するプーチン大統領の基本戦略を詳論している。著者は、プーチン大統領の将来設計は10の原則に基づいており、最終的な狙いは「アメリカの弱体化はロシアの安全保障を高める」ことにあると主張する。

ただ本書の大半は中東やロシア周辺国の分析に費やされ、豊富な情報を提供してくれているが、米対露中の「新冷戦」の分析において特に目新しいものはない。ドル基軸は米国の石油支配をベースとするという理解も浅薄である。本書の最後に資源株の推奨があり、馬脚を現した感もある。何より書名の『コールダー・ウォー』は誇大である。

著者
マリン・カツサ(Marin Katusa)
米ケイシー・リサーチセンター・エネルギー部門主任研究員。加ブリティッシュコロンビア大学卒業。エネルギー産業に特化した投資ファンドマネジャーとして成功を収める。資源開発現場に飛び、最新情報に強い。「ケーシー・エネルギー・リポート」を執筆。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。