米ナスダック市場、一時史上最高値を更新

経済指標追い風、金利上昇への警戒緩む

 6月18日の米国株式市場は続伸。ナスダックは終値で最高値を更新したほか、株価指数は軒並み1%程度かそれ以上値上がりした。写真はナスダックマーケットサイト、ニューヨークで撮影(2015年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日の米国株式市場は続伸。ナスダックは終値で最高値を更新したほか、株価指数は軒並み1%程度かそれ以上値上がりした。強い経済指標を手がかりが買いが優勢となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は180.10ドル(1.00%)高の1万8115.84ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は68.07ポイント(1.34%)高の5132.95。

S&P総合500種<.SPX>は20.80ポイント(0.99%)高の2121.24。

ナスダック総合指数は一時、5143.316まで上昇し、2000年3月10日に記録したそれまでのザラ場ベースでの最高値を超えた。

この日発表された経済指標のうち、5月の消費者物価指数(CPI)はガソリン価格の急上昇に押し上げられ、過去2年強で最大の伸びとなった。また週間新規失業保険申請件数は大きく減少。フィラデルフィア地区連銀の6月の製造業業況指数は6カ月ぶりの高水準に上昇した。

ウェルズ・ファーゴ・ファンズ・マネジメントのチーフ株式ストラテジスト、ジョン・マンリー氏は「経済の成長が一段と明確になり始めている」と述べた。

同氏は米連邦準備理事会(FRB)のハト派と受け取られている姿勢や、前日の連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表した経済見通しが、引き続き株式を支援すると指摘。「FRBは政策金利の引き上げを非常にゆっくりとしたペースで進めるだろう」と話した。

セクター別では、S&P総合500種主要10業種のすべてが上昇。S&Pヘルスケア株指数<.SPXHC>は1.5%上がった。

個別銘柄では、上場初日の取引となったウェアラブル端末製造のフィットビット<FIT.N>が一時、公開価格の20ドルを大きく上回る31.90ドルまで上昇、終値は48.4%高の29.68ドルだった。

BATSグローバル・マーケッツのデータによると、米取引所の合計出来高は約62億株で、今月これまでの平均の59億6000万株を上回った。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が上げ2062で下げ1015(比率は2.03対1)、ナスダックは上げ1949で下げ833(2.34対1)だった。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値         18115.84(+180.10)

前営業日終値    17935.74(+31.26)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         5132.95(+68.07)

前営業日終値    5064.88(+9.33)

S&P総合500種<.SPX>

終値         2121.24(+20.80)

前営業日終値    2100.44(+4.15)

*内容を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。