「女性が辞めない会社」は育休後に賞与を出す

年収の15%を「特別ボーナス」として支給

ワークスアプリケーションズでは家族が会社を知る機会を大切にしており、クリスマスパーティーには家族同伴で参加できる。キッズルームで遊ぶ子どもたちも楽しそうだ

育休を経て職場復帰した暁には「特別ボーナス」が支給され、妊娠判明時から最長13年もの間、休業や時短勤務を柔軟に認めてくれる会社がある。

「どうせ女性社員を多く抱える大手企業の話では?」と思うだろうか。実は、この制度を作ったのは、今年で創業19年となるワークスアプリケーションズ。大手企業向けのパッケージソフトウェアメーカーである。

現在の社員数は約2800人、そのうち女性は4割弱おり、今やメガベンチャーといわれる規模となっている。だが、「ワークスミルククラブ」というこの出産・育児支援制度が始まった2005年の社員数は、まだ約500人だった。そのうち女性も2割程度と少なかった当時、同社はなぜ女性の復帰制度を手厚く整えたのだろうか。

自ら理想の制度を作りなさい! 

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

きっかけは、2004年にさかのぼる。同社には、経営陣に対して全社員が毎週提出する業務報告書がある。愚痴を含め、何を書いてもかまわないらしい。ある日、この報告書に既婚女性からこんな声が寄せられた。

「出産・育児などを考えると、このまま働き続けられるのか不安です」

当時はまだママ社員がおらず、出産・育児支援制度そのものが存在しなかった。この報告書を受け、牧野正幸代表はこう言ったという。

「自分たちで理想の制度を考えろ!」

このひと声により、有志10人が集まり、本業のかたわら、制度作りが始まった。メンバーは、既婚・子持ちの男性1名を除き、全員女性。まだ子どもはいなかった。

次ページ「これで本当に戻ってきたいと思うの?」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。