融合は社会価値に結び付く--旭化成社長・藤原健嗣

融合は社会価値に結び付く--旭化成社長・藤原健嗣

旭化成は数多くのビジネスを手掛けるが、すべてにおいて世界を席巻することは難しい。だが、量的に伸びなくても高度化できる事業はある。新たに立ち上げた「これからプロジェクト」は、高度化事業に向けた手段。「環境・エネルギー」など3テーマに沿って、外部のノウハウも採り入れ、さまざまな商材を融合してシステム型の事業を作り上げるつもりだ。

これはエネルギーや高齢化などの問題に対する、社会価値の創出ともいえる。逆に個別の商材を販売するだけでは社会価値には結び付かないし、ビジネスも大きくできなくなっている。

時間軸の変化も重要なポイント。太陽光発電がいま脚光を浴びているのは、言うまでもなくエネルギー価格が高騰したからだ。原発の問題もある。したがって、短期間でイノベーション(革新)を起こさなければならない。材料メーカー、デバイスメーカーがそれぞれじっくり開発するといった、悠長なことは言っていられない。

多角化とは、主軸となる技術やノウハウは大事にしながら、関連するところへ出ていくこと。衰えた事業をやめ、伸びるところに転換していく。旭化成は本来それをやってきたつもりだが、これからはもう少し加速していきたい。

旭化成の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(週刊東洋経済2011年7月16日号 撮影:今井康一)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。