簡単!日常生活で子の「算数力」を鍛える方法

入学後につまづかないための3ポイント

(写真:Ippaiattena/PIXTA)

わが子が幼稚園に入学すると「成長したんだな……」と感激するものですよね。でも、よく考えてみると、もうあと何年もしないうちにランドセルを背負った小学生になるんです!

そうなると、子どもの将来を考えて「文字の読み書きだけじゃなく、算数も今からやらせておいたほうがいいのかしら」と焦ってしまうママも多いのではないでしょうか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、小学校入学後にグンと差がつく「算数力」を日常生活でカンタンに身につける方法をお伝えします。

特別な勉強はしなくていい

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

「算数力を身につけましょう!」というと、「英才教育やドリルなどをやらなくては」と意気込んでしまう方もいるのですが、実は特別な勉強だけが算数力につながるわけではありません。

そもそも、算数は重さや長さをはかったり、おカネの計算をしたりと生活に密着した科目。普段の生活でのやりとりで、「算数にかかわること」を意識するだけで、子どもはすんなりと算数への理解を深めることができるのです。具体的には次の3つの方法で生活に算数を取り入れてみましょう。

①いつも「1から」数えさせない

おやつの飴をみんなで分ける時や、うっかりばらまいてしまったパズルを拾い集めて数を確認するとき、「1つ、2つ……」と、1から数えることが多いですよね。

でも、もっと数が多くなると、途中でどこまで数えたかわからなくなることってありませんか? この場合、大人は10や100など、区切りのいい数で分けながら数えますよね。「10の集まりが3つで30」という考え方は、算数に置き換えると「10×3」。つまり、大人はこの算数的な考え方の下、効率よく数を数えているのです。

幼児にここまで理解させることは無理ですが、「工夫すると、もっと早く数えられる」ということは教えてあげられます。

たとえば、おはじきを53個、ばらまいたとします。このとき、すぐに効率のいい数え方を教えてはいけません。何度か「どこまで数えたかわからない状態」を経験させたうえで、「じゃあ、10個ずつの固まりにしてみない?」とアドバイスしてあげるのです。ポイントは子どもが体験から学ぶこと。少々じれったくても、辛抱して見守りましょう。

次ページ数と単位がひもづいていることを感覚的に伝えよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。