ダイムラー、家庭用蓄電池事業拡大の本気度

再エネ市場は自動車会社が盛り上げる!

家庭用蓄電池の分野に変化をもたらすのか(写真:Joel / PIXTA)

以前、テスラモーターズが家庭用とオフィスビルなど用のバッテリー製品『Powerwall』と『Powerpack』の予約販売を開始したことを紹介した。

それを追うように、ドイツの自動車大手ダイムラー社も、家庭用や商業用のバッテリー製品を9月から発売することを6月9日(現地時間)に発表した。ブランドとしては傘下のMercedes-Benzブランドになるが、価格などは未定だ。

そして実際の製造・販売は、子会社であるドイッチェ・アキュモーティヴ(Deutsche ACCUMOTIVE)社が行う。同社は2009年に設立され、Mercedes-Benzブランドの『スマート』など、電気自動車やハイブリッド車の車載用リチウムイオン電池を製造してきた。

同社は、これから車載用以外のバッテリー市場に打って出ることになる。蓄電池市場は、テスラモーターズやダイムラーのような、自動車メーカーが参入することで一気に製品の小型化などを中心とした高機能化が加速しそうな気配だ。

産業用で先行利用されている実績

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

発表された定置型蓄電池はMercedes-Benz用のユニットをモジュール化したものだ。個人向けには2.5kWのバッテリーモジュールを用意し、8個のモジュールを組み合わせることで20kWの容量を実現する。

また、工業用には5.9kWのモジュールを展開し、こちらは組み合わせの上限は設定されていない。

モジュール1つのサイズは、46.3×42.5×29.5センチで重量は28キロ。家庭用に推奨しているのは2モジュールとのことだが、テスラの壁掛けタイプを意識しているので、こちらも壁に掛けられるとしている。

次ページ自動車産業から新たな産業が
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。