東欧のハイテク企業が目指すスゴイ公共交通

スマホとビーコンが障害者のバス利用を変革

ルーマニアのハイテク企業であるOnyx Beacon社は、ブカレストの地方自治体と提携してSPT(Smart Public Transport:スマート公共交通機関)を進めている。

具体的には、500台の『iBeacon』デバイスを都市内で運行しているバスに設置しようということだ。

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

この試みは、市民の内1万2000人ほど居ると推定される視覚障害者が、より安全に公共の交通機関を利用できることを目指している。視覚障害者にとっては、バスを利用することには困難が伴うからだ。

それをOnyx Beacon社は500台のバスに『iBeacon』を設置することで、都市のバスネットワークを視覚障害者が利用する際の困難さを緩和しようとしている。しかも、そのシステムは無料で利用できるようになる。

スマホが「バス情報」を教えてくれる

SPTでは、バスに乗るために視覚障害者が友人や居合わせた旅行者、あるいは交通機関の職員に頼らなければならない、という状態から開放しようとしている。乗りたいバスがバス停に到着すると、Bluetoothを経由して、『iBeacon』から視覚障害者のスマートフォンに信号が送られる。

すると、スマホにインストールされたアプリがバスの到着と、何処行きのバスが到着したのかということを知らせてくれる。バスのルートや個別の情報についてはOnyx Beacon社のクラウドで管理されている。

乗るべきバスが待っている人の50~60メートル内に近付くと、スマホはバスが近付いたことを音声で知らせて、『iBeacon』自体もビープ音を鳴らして視覚障害者に位置を知らせ、バスを探すことを手助けするのだ。

次ページ視覚障害者を助けるシステム
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。