米アパートでバルコニー崩落、アイルランド人学生ら6人死亡

アイルランド人学生ら6人が死亡

 6月16日、米カリフォルニア州バークレーでアパートの4階部分のバルコニーが崩落し、アイルランド人の学生5人を含む6人が死亡、7人が負傷した。写真はクレーンで吊り上げられるバルコニー(2015年 ロイター/ELIJAH NOUVELAGE)

[バークレー(米カリフォルニア州) 16日 ロイター] - 米カリフォルニア州バークレーで16日、アパートの4階部分のバルコニーが崩落し、アイルランド人の学生5人を含む6人が死亡、7人が負傷した。地元警察などが明らかにした。

死亡した学生らは友人の21歳の誕生日を祝っていたという。地元警察やアイルランド政府によると、学生らは夏季休暇を利用して米国を訪れ、ワーキングビザでサンフランシスコのベイエリアで働いていた。

現場のアパートはカリフォルニア大学バークレー校の近く。事故当時、道路から約12メートルの高さにあったバルコニーには13人がいたとみられている。地元警察は事件性はないとしている。

アイルランドのケニー首相は、死亡した学生の家族らに哀悼の意をささげ、フラナガン同国外相は「恐ろしい話だ。誕生日会が一瞬にして悲劇に変わってしまった」とコメントした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。